2011年12月31日

【プレイヤーパートナー巻頭言2011/12】 励まし愛(田中慎一)

P1000223.jpg

 励まし愛    田中 慎一(愛知県立大学07年卒)
日本アライアンス教団内子キリスト教会(愛媛県)副牧師 
 去る11月12日、キリスト聖書学校(CBI)にて開かれたKGKの日に、講師としてお招き頂きました。大学を卒業してまだ5年目という、若輩者には大きな務めでしたが、皆様のお祈りに支えられて奉仕させて頂きました。
 講演では、主に同期会の活動について紹介させて頂きました。私の卒業年度の06同期会は、同じ年度の東海地区KGKの年間テーマ「励まし愛」を合言葉に交わりをもっています。明確な文書はありませんし、参加していない同期の方もいます。同期の交わりだけでなく、教会からも、信仰からも離れてしまったメンバーもいます。うまくいっているわけではなく、逆に同じ同期たちが、仕事や家族や教会の中で、痛みを感じているからこそ集る思いが与えられているのかもしれません。
 同期会では2つのことを大切にしています。それはメーリングリストでのやり取りと、1年に1回は集まることです。これを続けていくポイントは、メンバーの誕生日にメールをして近況を報告すること。また、メンバーが引っ越したら会いに行く。そしてメールを返さないメンバーや、集まれないメンバーがいても気にしないことです。
 さて、「励まし愛」の背後にある御言葉は、「わたしの喜びが満たされるように、あなたがたは一致を保ち、同じ愛の心をもち、心を合わせ、志を一つにしてください。自分のことだけではなく、他の人のことも顧みなさい。」(ピリピ2:2、4)です。
まず大事なのは、「喜び」を満たすということです。「喜び」は何かのついでに生まれる小さなことではありません。キリスト者の喜びは、キリストによる救いと直結しています。救われた者同士の間には、深い喜びの絆が生まれます。それは、世の交わりでは生まれることのない証しです。私たちの喜びは救いの証しなのです。私たちが本気で喜びに目を向けるとき、私たちの心は外へと向かいます。喜びに迎え入れる人を求めます。キリストは「私を通して、私と共に、救いを手にして欲しい。喜びを得て欲しい。神の喜びの中に生きて欲しい」と本気で思われたのです。キリストの熱心がここにあります。そしてその喜びに向き合い続けられないところに私たちの罪があります。「自分のことだけではなく、他の人のことも顧み」(4節)るためには、「一致を保ち、同じ愛の心をもち、心を合わせ、志を一つに」しなければなりません。その一つの助け手として同期会が用いられ、主の使命に生きたいと願っています。
posted by 協力会 at 04:16| プレイヤーパートナー巻頭言